労働審判情報サイト「労働審判の基本」の労働審判の特性

労働審判の3つの特徴

労働審判には一般的に訴訟や他の手続きとは違う3つの特徴があるとされています。
まずひとつ目が「専門性」です。労働審判では労働法や労使紛争について専門的な知識を持つ人間が「労働審判委員」となって審判(職業裁判)官と共に審判を行うので、専門性が確保されています。
審判委員に推薦される人は会社の役員や人事部長、労働組合の役員などが多く、労働者ならびに使用者の立場に近い人間が事案を審判することとなるようです。ただし、個々の審判内容は非公開で、審判委員や審判の内容が具体的に公表されることはありません。

ふたつ目は「迅速性」です。民事訴訟の場合は上級審まで進むと判決が出るまでに何年もかかってしまうことがあります。通常の会社員が日常生活を送りながら裁判を維持するのは難しく、負担も大いのが現実です。
しかし、労働審判は3回以内で審判が終結することが原則であり、短期間での解決が望めます。

そしてみっつ目が「柔軟性」。通常の訴訟では非常に厳格に権利関係の立証や主張を行わなければなりませんが、労働審理では厳格な利権関係よりも実状に即した迅速な解決を主眼とし労働者・使用者のお互いが納得できる「和解」を目指します。争う事よりも、早期の解決を重視し、そのために比較的柔軟な判断が下されるのが労働審判の特徴です。

労働審判のメリット

労働審判は民事訴訟に比べてメリットが多く、制度運用開始以来、多くの人が審判を申し立てています。
労働審判のメリットとしては「短期間の解決」「融通の利く判決」「(民事訴訟と比して)費用や時間などの負担が軽い」などが挙げられます。

また、労働審判の最も大きなメリットと言われるのが「社会風潮的に労働者側に有利」であり、使用者を「交渉の場につかせることができる」と言われることです。個人の場合、使用者側との交渉の場を設けにくく、話し合いすらできないことがありますが、労働審判を申し立てれば使用者側ときちんと交渉することができます。
民事訴訟の場合は個人労働者が企業(の使用者)を相手取っても裁判となり、個人では立ちうちできない場合もあるでしょう。そのため、労働審判は労働者を救済する上では欠くことのできない制度となっているのです。