労働審判情報サイト「労働審判の基本」の労働審判の特性

労働審判は民事訴訟に比べてメリットが多く、制度運用開始以来、多くの人が審判を申し立てています。
労働審判のメリットとしては「短期間の解決」「融通の利く判決」「(民事訴訟と比して)費用や時間などの負担が軽い」などが挙げられます。

また、労働審判の最も大きなメリットと言われるのが「社会風潮的に労働者側に有利」であり、使用者を「交渉の場につかせることができる」と言われることです。個人の場合、使用者側との交渉の場を設けにくく、話し合いすらできないことがありますが、労働審判を申し立てれば使用者側ときちんと交渉することができます。
民事訴訟の場合は個人労働者が企業(の使用者)を相手取っても裁判となり、個人では立ちうちできない場合もあるでしょう。そのため、労働審判は労働者を救済する上では欠くことのできない制度となっているのです。