労働審判情報サイト「労働審判の基本」の労働審判の効力

そのため労働審判が不服で異議申し立てをしたからといって、事態が好転するとは限らず、かえって自分に不利な判決が出てしまうことも十分に考えられます。異議申し立ての権利は非常に重要なものですが、異議申し立てをする際にはしっかりと検討する必要があります。