労働審判情報サイト「労働審判の基本」の労働審判制度とは

そのため労働審判手続きでは当事者でなく「代理人」にこれらの手続きを委任することができます。この代理人は原則として弁護士に限定されており、労働審判を申し立てた当事者の多くが弁護士を代理人としています。